臨床検査科

臨床検査科

概要

臨床検査科は患者様から採取された検体を扱う検体検査、細菌検査、病理検査、患者様を直接検査する生理機能検査を行っています。現在、臨床検査技師33名と受付事務4名が各部門を担当し、検体が正しく採取されているか、得られた結果が信頼性の高いものか常に確認しながら、迅速に臨床へ結果を報告できるように心がけています。また臨床検査の進歩はめざましいものがあり、積極的に勉強会や学会に参加することで最先端の検査が実施できるように日頃より努めています。

検体検査

  1. 一般検査
    一般検査では主に尿検査と便検査を行っています。
    尿検査は分析機や顕微鏡を使って、尿中の成分(糖・蛋白・潜血など)や細胞を測定しています。また、妊娠反応も行っています。
    便検査は便潜血や寄生虫などを調べています。
    その他に胸水、腹水、髄液、関節液、肺胞洗浄液、精液などの検査も行っています。
  2. 生化学・免疫・その他検査
    生化学検査は、血液を遠心分離した時に得られる上澄み成分(血清)や、尿を使用し、肝機能、心機能、腎機能、各種蛋白成分、脂質代謝検査等を行っております。また、免疫検査ではB型・C型肝炎ウイルスや梅毒などの感染症検査、甲状腺ホルモンなどの内分泌検査、癌などで異常値を示す各種腫瘍マーカー、血液中の薬物の濃度などを測定しています。
    一部のウイルスや細菌(インフルエンザ、アデノ、ロタ、溶連菌など)は、簡易キットを用いて迅速に結果を出して、患者様の疾患を診断するのに役立てています。
  3. 血液検査
    血液検査は、採血された血液を自動分析装置で測定し、赤血球数、白血球数、血色素量、ヘマトクリット値、血小板数などを調べます。異常がある場合、塗抹標本を作り顕微鏡で赤血球の形態や白血球の分類を行っています。
    また、骨髄検査等を行い、白血病などの血液疾患の診断や治療効果の判定に役立てられます。凝固検査は血液が固まるまでの時間を調べるもので、手術前の検査としても行われます。
  4. 輸血検査
    輸血に必要な血液型、不規則性抗体、交差試験などを行っています。また、輸血用血液製剤の管理なども行っています。
    また自分の血液を事前に採血、保管し手術時に備える自己血の管理も行っています。

病理検査室

*病理検査
病理検査室では、病理組織診と細胞診を行っています。

  1. 病理組織診
    内視鏡や手術で採取された組織を顕微鏡で観察します。主に、癌などの腫瘍性病変の有無や、その進行度を確定するために行われる検査です。
  2. 細胞診
    病変部を綿棒などで擦過し採取した細胞や、尿・喀痰・胸水・腹水などの液状の検体中に浮遊している細胞をスライドガラスに集めて顕微鏡で観察します。
    組織診同様に腫瘍性病変の有無の検査をします。
    その他、術中迅速診断や病理解剖も行っています。

細菌検査室

*細菌検査
細菌検査室では、患者様から採取された検体(喀痰・尿・便・膿・血液など)を培養し、どのような原因菌がいるかを見つけ出し、その菌にどの抗生剤(抗菌薬)が効くかなどを調べています。

生理検査室

*生理検査
主に、心電図・脳波・肺機能・超音波・聴力・筋電図などの検査を行います。

  1. 心電図検査
    心筋の収縮に関連した電気の変化を波形として記録し、心臓病の発見や診断・病状の把握・治療効果の確認等に欠かせない検査です。
    不整脈、心筋梗塞や狭心症などの診断に有用です。
  2. 血圧脈波検査(PWV/ABI)
    両腕・両足に血圧計を巻いて検査します。動脈硬化、特に閉塞性動脈硬化症の診断に有用です。
  3. 脳波検査
    脳からの電位の変動(波)を記録します。てんかんなどのけいれん性疾患の診断に有用です。
  4. 肺機能検査
    肺活量、換気能力、気道の異常、肺拡散能力などを調べる検査です。喘息や肺気腫の診断などに有用です。
  5. 超音波検査
    心臓、腹部、乳腺、甲状腺、頸動脈、下肢動・静脈等様々な部位を超音波を用いて検査します。胆石等の診断に有用です。
  6. 聴力検査
    防音室にて「きこえ」の検査をします。難聴等の診断に有用です。
  7. 筋電図検査
    神経や筋肉の障害をみる検査です。検査の種類によっては痛みを伴う検査です。
  8. 尿素呼気試験
    診断薬を服用し、薬の服用前後の呼気を集めて診断します。ピロリ菌感染の診断に有用です。