皮膚科

皮膚科について

皮膚に異常をきたす疾患全般を対象に診療をしています。
美容目的の診療は行っていません。

特色・方針・目標

外来診療に加え、患者さまの状態により入院治療も行っています。帯状疱疹、蜂窩織炎、重症のじんま疹、大きい皮膚腫瘍の手術などが主な入院の対象です。高血圧や糖尿病など持病のある患者さまに皮膚疾患が発症することも多く、内科をはじめ他科と協力して診療しています。

患者さまにとって最善の治療が当科で提供できる範囲を超える場合には、より上位の病院(大学病院など)に紹介しています。当院は急性期病院という性質から、褥瘡に対する長期の入院は受け入れ困難となっています。褥瘡に併発した細菌感染が急性期を脱するまでなど、2週間程度の入院であれば対応可能です。
なお、柳橋分院にて療養型病床入院患者さまの褥瘡の診療と一般外来を週1回行っています。

診療について

皮膚に何らかの症状があっても、実は他科の専門領域の疾患である場合があります(整形外科、耳鼻科、外科など)。
診察前の問診時または診察時に、最も適した科を受診できるよう手配しますが、時間帯によってはさらに待ち時間が発生したり、同日2つめの科を受診できない場合があります。
当科で出来る限りの対応はします。ご了承ください。

対象疾患や症状

下記以外も、基本的に皮膚に生じる疾患すべてを対象としています。
自費診療で男性型脱毛症に対する内服薬処方を行っています。

対象疾患

  • 湿疹
  • じんま疹
  • 細菌感染(ひょう疽、蜂窩織炎、丹毒など)
  • 白癬(みずむし)
  • ヘルペス、帯状疱疹
  • いぼ、ほくろ / 皮膚腫瘍(良性・悪性)
  • 外傷、熱傷
  • 円形脱毛症
  • 陥入爪(ワイヤー法による治療は現在行っていません)
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬(光線療法、生物学的製剤による治療は現在行っていません)
  • 自己免疫性水疱症
  • 膠原病に伴う皮疹

症状

  • 発疹
  • かゆみ
  • 痛み
  • できもの
  • しこり
  • ほくろ
  • 毛や爪の異常

検査内容・機器

  • 真菌(みずむし)顕微鏡検査
  • ダーモスコピー(拡大鏡)
  • 画像検査(超音波、CT、MRI)
  • 皮膚生検(組織検査)
  • パッチテスト(金属などのアレルギーの検査)
  • (レーザー、紫外線照射装置はありません)

実績

名称 2019年度
手術件数 106件

皮膚科の医師紹介

  • 和田 直子 (わだ なおこ)

    専門
    皮膚科一般 / 自己免疫性疾患
    役職
    部長
    資格

    日本皮膚科学会認定専門医

  • 泉 映里 (いずみ えり)

    専門
    皮膚科一般
    役職
    副部長
    資格

    日本皮膚科学会認定専門医

  • 慶應義塾大学病院 (けいおうぎじゅくだいがくびょういん)からローテーション

    専門
    皮膚科一般

皮膚科の診療体制表

午前 和田 直子 慶應医師 泉 映里 和田 直子 泉 映里

【処置・予約のみ】
和田 直子

(1・3週)

【完全予約制】
泉 映里
【完全予約制】
和田 直子
【完全予約制】
和田 直子
【完全予約制】
泉 映里
【完全予約制】
和田 直子

泉 映里

(2・4週)

午後 手術 手術 検査・処置 検査・処置

診療科一覧ページへ