診療受付 ⽉〜⼟ 午前8:30 〜11:00

〒110-8645 東京都台東区東上野2丁目23番16号

外科

外科について

当科は、一般・消化器外科として、悪性を中心とした各種の消化器疾患、乳腺、血管疾患、ヘルニア、痔疾患などの治療を行っています。 とくに消化器は「食道・胃・十二指腸」、「肝・胆・膵」、「小腸・結腸・直腸」の各臓器の専門家を中心にチーム医療に取り組んでいます。

外科主任部長より

氏名職位専門領域認定資格等
愛甲 聡

副院長

主任部長

 

消化器外科
(食道・胃・大腸)
一般外科
医学博士
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本食道学会暫定食道外科専門医
日本食道学会食道科認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本臨床外科学会評議員
日本食道学会評議員

1986年慶應義塾大学医学部卒,慶應義塾大学病院,さいたま市立病院、ルイジアナ州立大学メディカルセンター、防衛医科大学校外科専任講師兼上部消化管外科科長を経て2010年より当院外科勤務。

永寿総合病院外科では、患者さんの手術に対する抵抗感を少しでも和らげ、術後の疼痛の低減や短期間での回復を目指して、腹腔鏡手術などの低侵襲治療を推進しております。開腹手術の既往や、癌の進行度によっては従来どおりの開腹手術を行なわざるを得ない場合もありますが、図1、2に示しますように比較的頻度の高い胃癌では70%,大腸癌では80%患者さんに腹腔鏡手術を行っています。

2013年からは大腸癌の腹腔鏡手術に、術後早期回復プログラムを組み合わせることにより、術後5日目の退院も可能となり、多忙な方のニーズにも十分答えられるようになっています。さらに、当科の特徴としては肝切除などのより高度な手術にもいち早く腹腔鏡手術を導入し、肝臓癌や転移性肝腫瘍に対する肝部分切除では全例に腹腔鏡手術を行っております。良性疾患においても、昨年度はソケイヘルニアの43%、虫垂炎の53%に腹腔鏡手術を行い良好な成績を得ています。さらには、アカラシア、食道裂孔ヘルニア、直腸脱、レイウスといった疾患にも積極的に腹腔鏡手術を導入しております。

イメージ
イメージ

もうひとつわれわれが推進している医療について述べておきます。

外科に入院される方の中には多数の癌患者さんが含まれます。癌の患者さんでは発見された時の病状・病期が様々ですので、残念ながら全員がすぐに手術を受けてもう安心という訳にはいきません。併存疾患のために手術ができない患者さんや、完全に取りきれないことから手術の適応外となる患者さんもおられます。さらに、手術前の癌の進行度診断や手術した後の病理診断で再発の危険性の高い方、退院後の経過観察中に再発した方のおられます。こうした方々には各疾患の治療ガイドラインに基づいた最善の抗癌剤治療(化学療法)を積極的に行っています。まだまだ抗癌剤治療に拒否反応を示す方も多いとは思いますが、以前に比べますと抗癌剤じたいの効果が格段と上がっただけでなく、その副作用を軽減させる工夫も大きく進歩してきました。副作用の出方や体力にもかなり個人差がありますので、始めたら最後とことんやるというのではなく、その時の体調や血液データを見ながら、減量したり休憩したり薬を変えたりと、できるだけ日常生活に支障がでないように考えていきますので、あまり心配する必要はありません。また、病院全体でも癌治療をサポートしており、できるだけ通院で治療を受けられるよう、さらに治療中できるだけ快適に過ごせるように一昨年には外来化学療法室をリニューアルして広々としたスペースを確保しました。

患者さんの中には、懸命な治療を続けたにもかかわらず癌が進行してしまい、痛みを取り除いてできるだけ平穏な生活を送ってもらうための緩和治療に移行していく方もおられます。病院によっては、そのときになって突然に通院治療の中止や転院を告げられることがあり、患者さんやご家族にとっては大きなストレスとなるようです。幸い、当院には3名の専門医を有する緩和科があり、早期から併診していくことで痛みのない生活を送っていただくだけでなく、通い慣れた病院で間断ない診療を受けながら、手厚い医療サービスを受けられる緩和病棟へスムースに入院することができるというメリットもあります。

最近では、癌治療を必要とする患者さんの高齢化も進み、病状に応じたさいぜんの治療に留まらず、個々の患者さんの社会的状況を勘案した総合的・長期的な診療計画の提供も必要となってきますた。」当院で治療を受けた後に、リハビリ病院や療養型の病院に移り、そこで体力を回復させてからご自宅へ帰る。あるいは、在宅診療の手配を十分整えてから退院するなど、患者さんにとって最善の診療計画の提案と実践は、当院の得意分野のひとつであると考えています。

ここまで永寿総合病院外科の2つの特色、最新の外科治療と理想的な癌治療の体制について述べさせていただきました。われわれは地域の皆様が安心して医療を受けられるように、これらの特長をさらに発展させていきたいと思っております。

 

 

医師紹介

氏名職位専門領域認定資格等
前田 真悟 部長 一般
消化器外科
医学博士
日本外科学会専門医
内田 寛 部長

一般消化器外科

(大腸・肛門)

日本外科学会専門医

日本消化器内視鏡学会専門医

大腸肛門病学会専門医

がん治療認定医

半田 寛 副部長 外科一般
消化器外科(胆・肝・膵)

医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
消化器がん外科治療認定医
がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
慶応義塾大学外科学(一般消化器)非常勤講師

船石 耕士 専修医 外科一般
小山 恭正 予防医療センター長 一般消化器外科 日本外科学会専門医
五十嵐 直喜 非常勤 一般外科
消化器外科
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医
日本臨床外科学会評議員
日本消化器外科学会専門医
日本医師会認定産業医
日比 泰造 非常勤 消化器外科(胆肝膵) 慶應義塾大学医学部一般消化器外科専任講師
尾原 秀明 非常勤 血管外科 慶應義塾大学医学部一般消化器外科専任講師
関 大仁 非常勤 乳腺外科 埼玉メディカルセンター外科
村田 健 非常勤 乳腺外科 北里研究所病院ブレストセンター医員
石田 洋樹 非常勤 一般外科 慶應義塾大学医学部一般消化器外科助教
池端 昭慶 非常勤

一般

消化器外科

慶應義塾大学医学部一般消化器外科助教
松岡 信成 非常勤

一般

消化器外科

慶應義塾大学医学部一般消化器外科助教
申 範圭 非常勤 心臓外科 東京歯科大学市川総合病院心臓血管外科教授
渡辺 真純 非常勤 呼吸器外科 慶應義塾大学病院呼吸器外科新病院棟建設企画担当教授
大塚 崇 非常勤 呼吸器外科 慶応義塾大学病院呼吸器外科准教授
  • スタッフ募集
  • 看護部紹介
  • 公益財団法人 ライフ・エクステンション研究所
  • 柳橋分院

診療受付

⽉〜⼟ 午前8:30 〜11:00
※小児科11:30まで
※脳神経外科、皮膚科は日により異なります。
※午後の初診は診療科により受診出来ない場合があります。詳しくは診療体制表をご参照ください。

交通・アクセスマップ

〒110-8645 東京都台東区東上野2丁目23番16号

マップ

詳しくはこちら

yahoo 地図

  • 来院・入院の方
  • 病院案内
  • 医療関係者の方