診療受付 ⽉〜⼟ 午前8:30 〜11:00

〒110-8645 東京都台東区東上野2丁目23番16号

内視鏡センター

1. 内視鏡センターについて

内視鏡センターは消化器内視鏡による検査・治療、呼吸器内視鏡による検査・治療を行う部門です。各検査・治療には専門性を持った医師と看護師があたり、安全で苦痛の少ない検査の施行を目指しています。

内視鏡室

2. 消化器内視鏡について

A. 上部消化管内視鏡

口あるいは鼻からスコープを挿入し、中下咽頭、食道、胃、十二指腸までを観察することができます。また、内視鏡治療としてポリープや早期癌の切除、胃十二指腸潰瘍などからの出血に対する止血処置、狭窄病変に対するステント留置処置、異物除去などを行うことができます

B. 下部消化管内視鏡

肛門からスコープを挿入し、大腸全体を観察することができます。また、内視鏡治療としてポリープや早期癌の切除、憩室出血などに対する止血処置、狭窄病変に対するステント留置処置などを行うことができます。

C. 胆膵内視鏡

口から十二指腸のファーター乳頭部まで内視鏡を挿入し、カテーテルなどを用いて胆管や膵管の造影検査や組織検査を行うことができます。総胆管結石の除去や胆管狭窄による黄疸に対して、ステント等を用いて治療・処置を行うこともあります。

D. 超音波内視鏡

専用プローブを用いた消化管内からの超音波検査を行うことができます。主に膵臓や下部胆管の病変を診断する時に行います。また、消化管粘膜下腫瘍の大きさや性状をみることもできます。

E. 小腸カプセル内視鏡

消化管出血が疑われる場合で、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査を行なっても出血源がわからなければ、小腸からの出血を調べるために行われます。特殊な小型カメラを内蔵したカプセルを飲み込んで、消化管を通過している間にカメラが撮り続ける写真を腰に取り付けた受信機で記録する方法です。

F. 検査までの流れ

①検査が予約されると、検査についての説明書と同意書が発行されます。全体をご一読の上、検査同意書に署名をお願いします。同意いただけない場合は検査を行えません。

全ての方が安心して検査を受けられるように、内視鏡検査前には全員に感染症チェックの血液調査を行なっています。調べる感染症はB型肝炎、C型肝炎、梅毒の3種類です。ご協力お願いします。

検査には前日からの食事制限が必要になります。詳しくは検査カウンターで説明します。

希望があれば鎮静剤を用いた前処置を施して検査に臨むこともできます。ただし身体状況や検査前後の活動状況などによっては鎮静剤を使用できません。

鎮静剤投与後は自分で運転する乗り物(自動車、オートバイ、自転車)は使用できません。あらかじめ公共の交通機関や徒歩での来院をお勧めします。

その他にも前投薬により仕事や活動に制限が発生する場合があります。心配な方は予約後の検査説明時に詳しくお尋ねください

3. 呼吸器内視鏡

A. 気管支鏡

肺や気管支の病気を診断・治療するための内視鏡検査です。口の中から気管支の中までを 観察することができます。(1) 肺ガンや間質性肺炎、呼吸器感染症などの診断、(2) 痰に血が混じる際の原因の特定や止血処置、(3) 痰が詰まって息が苦しい時や,入れ歯などの異物を誤嚥した場合の除去、(4) 気管支が狭窄した場合にステントを留置して閉塞を防ぐ、などを目的として行います。

4. 内視鏡検査件数(概要)

年度20142015201620172018
上部消化管内視鏡 3247 3233 3283 3019 2986
下部消化管内視鏡 1686 2155 2207 2090 1898
胆膵内視鏡 144 142 136 151 138
気管支鏡 106 141 203 276 250

5. 内視鏡センタースタッフ

消化器内視鏡担当医師: 常勤医9名(消化器内科、外科、総合診療科) 非常勤医3名

呼吸器内視鏡担当医師: 常勤医5名(呼吸器内科、呼吸器外科)

看護師8名(内視鏡技師資格保持者6名)
クラーク1名
助手2名

  • スタッフ募集
  • 看護部紹介
  • 公益財団法人 ライフ・エクステンション研究所
  • 柳橋分院

診療受付

⽉〜⼟ 午前8:30 〜11:00
※小児科11:30まで
※脳神経外科、皮膚科は日により異なります。
※午後は、原則【予約制】の診療となっております。
 紹介状持参の患者様及びかかりつけの患者様は事前にお問い合わせください。

交通・アクセスマップ

〒110-8645 東京都台東区東上野2丁目23番16号

マップ

詳しくはこちら

yahoo 地図

  • 来院・入院の方
  • 病院案内
  • 医療関係者の方