ツイッターアイコン インスタアイコン

nurse_days ナースの日々

新卒看護師研修 -静脈注射院内認定制度研修 STEPⅡ-

7月25日に、新卒看護師を対象とした、静脈注射院内認定制度研修 STEPⅡが行われました。今回は、その様子をお届けします!

前回の静脈注射院内認定制度研修では、STEPⅠとして基礎的な知識を学びました。
静脈注射院内認定制度研修STEPⅠの様子はこちら

今回のSTEPⅡでは、

  • 安全に静脈注射を実施するにあたり必要な医薬品情報の収集方法がわかる
  • ハイリスク薬剤の取り扱いがわかる
  • 輸液・血液製剤について学び安全に取り扱いができる
  • 血管確保時の注意事項がわかり、安全な血液確保の方法を学び実践できる
     

を目標に掲げ、研修を行いました。

静脈注射に必要な医療品情報について

まずは、医薬品情報についてです。
メディケーションエラー(薬剤に関連したエラー)を防止するため、静脈注射を実施する際に確認すべき事項や、医薬品の情報収集方法を知り専門職として正しい知識を持つこと、疑問を解決する術を持つことが大切であることなどを学びました。
また、静脈注射の方法や特徴、静脈炎が発生しやすい薬品、急速投与注意薬剤、禁忌薬品、医薬品の情報収集方法として医薬品添付文書、PMDA(医薬品医療機器総合機構)のHPからの最新医薬品情報、電子カルテ内の検索システムについて学びました。

ハイリスク薬の安全な使用方法

次は、ハイリスク薬についてです。
ハイリスク薬は、抗悪性腫瘍薬や不整脈用剤、抗てんかん剤、糖尿病用剤などがあり、事故が発生した場合患者の生命に危険を及ぼす可能性が高く、使用上及び管理上特に注意しなければならない医薬品です。
当院では、ハイリスク薬をAランクとBランクに分け、取り扱い方法を規定しています。
ランクぞれぞれの対象薬品と、薬品ごとの効果・効能・用法・容量を学びました。
また、毒薬・劇薬・麻薬・向精神薬の保管方法や取り扱い方法、トラブル発生時の対処方法、当院で金庫管理している薬剤について学びました。

輸血療法

次は、輸血療法についてです。
輸血療法の目的や、輸血の種類、輸血量の計算方法、適合試験と血液型不規則抗体スクリーニング、赤血球製剤・血小板製剤・血漿製剤それぞれの管理方法、血管の確保方法、輸血手順、副作用出現時の対応について学びました。

血管確保について

最後は、血管確保についてです。座学で、血管確保の必要性・血管確保時の針の選択・イントロカン使用方法・血管選択のコツ・穿刺時のコツ・血管確保時の注意点・中心静脈ポートの取り扱いについてを学んだ後、実践に移りました。

まずは、下記の1連の流れを先輩看護師のお手本を見て学びました。

  1. 患者登録
  2. 6Rの確認
  3. 血管確保
  4. 抜針




お手本を見学したあとは、模型を使用し穿刺と抜針の実践練習を行いました。



模型での練習をした後は、先ほどの先輩看護師のお手本同様、①患者登録 ②6Rの確認 ③血管確保 ④抜針の流れをお互いの腕で、実践練習を行いました。

今回の研修で学んだことや、実践練習での反省点などを踏まえ今後も練習を重ねていき、安全な静脈注射の実施ができるよう努めて参ります。

最新のお知らせ

  • 職員食イベントメニュー ✧2月編✧

    職員食イベントメニュー ✧2月編✧

  • ラダーⅡB 看護展開研修Ⅱ ケーススタディ発表会

    ラダーⅡB 看護展開研修Ⅱ ケーススタディ発表会

一覧へ戻る

Related Facilities

関連施設

  • 永寿総合病院柳橋分院
  • 永寿総合検診・予防センター