看護師専用サイト | 認定としての大変さは、やりがいや楽しさを何倍にも感じることができる

voice 先輩の声

認定としての大変さは、やりがいや楽しさを何倍にも感じることができる

認定看護師:

緩和

所属 緩和ケア認定看護師(2019年入職・キャリア8年目)
出身校 東京都/都立広尾看護専門学校

認定看護師の資格取得を目指したきっかけを教えてください

以前勤務していた病院で外科病棟に勤務していました。急性期、治療期、終末期様々な患者さんが入院してきます。
その中で痛みや呼吸困難などの苦痛症状に難渋することが少なくありませんでした。
緩和ケアチームを立ち上げることになり、そのメンバーに推薦していただきました。
緩和ケアを学ぶようになり、緩和ケアの重要性を知り、もっと知識、技術を習得したいという気持ちが強くなり、緩和ケア認定看護師を目指しました。

資格取得の際に、サポート体制はありましたか?資格取得の際に、大変だったことや現在のやりがい、嬉しかったエピソードなどを教えてください。

以前勤務していた病院のキャリアアップ支援の制度を利用し、資格取得しました。
院の推薦であるため、研修学校は選択できません。
私が通った学校は、通常勤務をしながら、主に土・日に講義を受ける教育体制でした。
仕事との両立は、とにかく大変でした。レポート提出が重なることは常でした。
しかし、同じ目的に向かって学ぶ同期生には、何度となく助けられ、一生涯の友になりました。
資格取得後も悩むことも多いですが、患者さんのつらさを軽減でき、「ありがとう」と言ってくださった時は、諦めないで良かった!と心から思います。

認定看護師を目指している未来の仲間にメッセージを!

「認定看護師になったら、こう活動したいな」など目標を持って臨むことが大切だと思います。
この目標が、認定看護師としての原点になることが少なくありません。
資格取得後も困難なことにぶつかった時に立ち返ることができます。
認定看護師としての活動は大変なことも多いですが、その分やりがいや楽しさは何倍にも感じることができます。

その他の先輩の声

  • 地元・台東区に貢献したい

    新卒

    地元・台東区に貢献したい

  • 患者さんに寄り添える看護師を目指して

    新卒

    患者さんに寄り添える看護師を目指して

  • 信頼できる仲間と支え合い、自分たちの病棟づくりを。

    既卒

    信頼できる仲間と支え合い、自分たちの病棟づくりを。