診療受付 ⽉〜⼟ 午前8:30 〜11:00

〒110-8645 東京都台東区東上野2丁目23番16号

産婦人科

腹腔鏡で行われる代表的な手術

・腹腔鏡下子宮全摘出術

子宮筋腫や子宮内膜症を完全に治療する方法で子宮を摘出します。
子宮はなくなりますが病気の症状は根本的に改善され、病気の再発の心配はなくなります。
ホルモンを分泌するのは卵巣ですから卵巣を残せばホルモンバランスが手術によって乱れることはありません。
また、子宮がなくなってもその後の日常生活や性生活にあたえる影響はほとんどありません。

・腹腔鏡下子宮筋腫核出術

子宮筋腫のこぶだけをくり抜くように摘出して子宮を残す手術です。
子宮を残すことができるため将来妊娠を考えている方には適した方法となります。
また子宮をなるべくのこしたいという気持ちにもこたえることができます。
ただし病気の状態によっては手術が困難であったり、再発の心配が強くなるためおすすめできないこともあります。
また現在は手術後の出産はほとんどの場合帝王切開で出産していただくことになります。

・腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術

卵巣にできた腫瘍の部分だけを摘出して病気が出来た卵巣の正常な部分をできるだけ残す手術です。
卵巣は左右1対ありますのでもし片側を丸ごと摘出したとしてもホルモン状態が乱れたりすることはなく、また妊娠をすることは可能です。
しかしながら、やはり将来妊娠を考えている方などはなるべく卵巣を残すほうが良いためこの方法で手術を行います。
ただし、残した卵巣に病気の再発の可能性は生じてしまいます。

・腹腔鏡下付属器切除術

病気のできた卵巣を丸ごと切除してしまう方法です。
片側の切除では卵巣は左右一対あるため卵巣の機能が失われることはありません。
反対側の卵巣に病気が新たに発生する可能性はありますが嚢腫だけを切除する手術よりも再発の可能性は低くなります

・腹腔鏡下子宮内膜症病巣切除術

子宮内膜症は主に卵巣を中心に子宮やその周りに散らばるように病気が広がります。
また病気の場所で癒着を起こし、腸や尿の通り道を巻き込んで痛みなど様々な問題を引き起こします。
手術でそういった病気を切除することで痛みを改善することができます。
病気の程度が重いときは外科や泌尿器科と一緒に腸や尿の通り道の治療をしなければいけないこともあります。
難易度が高い手術になりますが慢性的な痛みに悩まされている患者さんにとっては手術治療はとてもよい選択となることがありますのでぜひご相談ください。

  • スタッフ募集
  • 看護部紹介
  • 公益財団法人 ライフ・エクステンション研究所
  • 柳橋分院

診療受付

⽉〜⼟ 午前8:30 〜11:00
※小児科11:30まで
※脳神経外科、皮膚科は日により異なります。
※午後は、原則【予約制】の診療となっております。
 紹介状持参の患者様及びかかりつけの患者様は事前にお問い合わせください。

交通・アクセスマップ

〒110-8645 東京都台東区東上野2丁目23番16号

マップ

詳しくはこちら

yahoo 地図

シャトルバスのご案内

  • 来院・入院の方
  • 病院案内
  • 医療関係者の方