感染患者さんの診断と転院までの一時的な待機入院が当院の役割です感染患者さんの診断と転院までの一時的な待機入院が当院の役割です

感染患者さんの診断と転院までの一時的な待機入院が当院の役割です

新規感染患者数の増加に伴い、当院でも転院できない陽性患者さんのケースが発生しています。

新型コロナウィルス感染症患者診療における当院の役割は、診断と入院後に陽性が判明した患者さんが転院するまでの一時的な受け皿としての待機入院です。しかし、今年に入ってからは急激な感染者数の増加に伴い、緊急入院された患者さんが陽性であったとしても転院先が見つからないケースが発生してきています。
当院の予約入院患者さんは全員PCR陰性を確認した上での入院です。緊急入院の場合は専門の受け入れ病棟において陰性が確認されるまで陽性者として対応しています。また、PCR陰性であっても、少しでも感染が疑われる場合には陽性者として専門病棟で管理します。
専門病棟においては陽性患者対応をしながらの入院の受け入れに加え、陽性患者さんのケア、陰性患者さんの一般病棟への移動など業務量は増加しています。一般病棟においても感染患者数の増加に伴い、専門病棟だけではなく緊急入院を受ける体制を整えていかなくてはならなくなりそうです。少ない看護師数の中でどうやって乗り切っていけるのか、非常に厳しい状況ではあります。今までも緊急入院後に陽性と判明した患者さんは何人かいらっしゃいましたが院内感染は起きていません。他の患者さんにうつったり、職員がうつったりしていないということです。

専門病棟はドアで隔離し、交差しないよう動線を確立しています。私たちは苦い経験から積み上げた感染対策を遵守し、絶対に感染を起こさないという気持ちで医療を行っています。





新規感染患者数の増加に伴い、当院でも転院できない陽性患者さんのケースが発生しています。

お知らせ一覧に戻る

お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせ

03-3833-8389

受付時間 平日8:30~17:00

メールでのお問い合わせ

各種お問い合せフォーム

病院見学会も
随時受付中です!

病院見学会お申込み

看護部について

教育について

募集要項

福利厚生

PAGE TOP

公益財団法人ライフエクステンション研究所
永寿総合病院
柳橋分院